国内ドラマ

踊る大捜査線の動画をpandoraやdailymotionの代わりに無料で視聴する方法は?

踊る大捜査線のメインビジュアル
パンドラTV(pandora)やdailymotionは、国内外のドラマやアニメが無許可でアップロードされている違法動画サイトです。

踊る大捜査線を観たくてpandoraやdailymotionを使おうと思っている人は多いでしょう。

しかし利用には以下のような危険性と不便さが伴います。

  1. 無断アップロードされている動画は違法
  2. 動画にウイルスが仕込まれていることも
  3. 広告が多く、消すのが煩わしい

pandoraやdailymotionにアップロードされているドラマはほとんど違法動画です。もしダウンロードした場合は犯罪になります。

他の違法動画サイトでは過去に逮捕者が出ていますし、2019年の漫画村閉鎖の一件以降、警察の取り締まりは非常に厳しくなっています。

また動画や広告にウイルスが仕込まれていた事例があり、感染したら最悪です…

pandoraやdailymotionはリスクしかないので、絶対に利用しない方がいいです。

読者
読者
じゃあ、踊る大捜査線を無料で観る方法はないの?

という疑問が生まれると思いますが、実は無料で視聴する方法はあります。

踊る大捜査線はフジテレビが運営するFODプレミアムで独占見放題です。

FODプレミアム
Hulu
U-NEXT
Netflix
Amazonプライムビデオ
dTV
Paravi

FODプレミアムは月額888円ですが、2週間無料体験ができます。

2週間以内に解約した場合、料金は一切かかりません。

ポイント

①FODプレミアムでは踊る大捜査線が全話見放題
②初回2週間無料体験ができる
③月額888円でフジテレビの名作ドラマやバラエティーが見放題

FODプレミアム公式サイト
2週間無料体験を試す

管理人
管理人
無料体験にはAmazonアカウントが必要です。お持ちでなくても簡単に作れるのでご安心ください。

\登録は2分で完了!/

pandoraやdailymotionは本当に危険?

pandoraとdailymotion
pandoraやdailymotionの危険性をあまり考えずに利用してきた方も多いかと思います。

知らぬ間に犯罪行為をしている可能性もあるので、改めて解説します。

①違法動画の視聴は犯罪と紙一重

パンドラTVは韓国、dailymotionはフランスの企業が運営している動画共有サイト。

日本のドラマやアニメは違法アップロードされている状態で、2014年と2016年には動画投稿者が逮捕されています。

動画を視聴すること自体は刑罰に問われませんが、個人利用であってもダウンロードすれば犯罪です。

個人的に利用する目的であっても、「海賊版」について、それが販売または有料配信されている音楽や映像であることと、違法配信されたものであることの両方を知りながら、自分のパソコンなどに録音または録画(ダウンロード)した場合には、刑罰として、「2年以下の懲役または200万円以下の罰金(またはその両方)」が科されることになりました。
出典:政府広報オンライン

日本では著作権違反の取り締まりは年々厳しくなっているので、むやみにpandoraやdailymotionの動画は視聴しない方がいいです。

②ウイルス感染の可能性がある

ウイルス感染の画像

またpandoraやdailymoitonで配信されている動画や広告には、ウイルスが仕込まれていることも多いです。

過去には実際にウイルス感染し、個人情報やクレジットカード情報が盗まれたケースもありました。

ウイルスはどこに仕込まれているかわかりません。感染したら最悪ですので、やはり視聴はしない方がいいです。

踊る大捜査線はFODプレミアムで全話見放題

FODプレミアムのトップページフジテレビが運営する動画配信サービスのFODプレミアムでは、踊る大捜査線のTVシリーズと劇場版がすべて見放題です。

FODの踊る大捜査線一覧踊る大捜査線のテレビシリーズ
またフジテレビが誇る名作ドラマやバラエティーも見放題。ラインアップの一例は以下の通りです。

FODプレミアムの国内ドラマFODプレミアムは月額888円かかりますが、初回2週間無料体験ができるのでお気軽に試してみてください。

まずは踊る大捜査線をイッキ見しましょう!

FODプレミアムを無料体験する

管理人
管理人
2週間以内に解約した場合、料金はかかりません。

FODプレミアムの登録方法

FODプレミアムの登録手順を写真つきで紹介します。

FODのトップページ
まずFODプレミアム公式サイトに移動し、「今すぐはじめる」をタップします。

FODアカウントの作成画面
FODアカウントを作成します。メールアドレスとパスワードを入力してください。

FODの決済選択画面
支払い方法を選択します。無料体験ができるのはクレジットカードかAmazon Payなので、どちらか一方を選びましょう。

FODの購入内容画面
購入内容画面で無料体験期間を確認しておきましょう。スマホなどにメモすれば解約も忘れません。

FODのカード入力画面
クレジットカードの場合は、カード情報を入力します。解約した場合は、自動で消去されるので安心です。

FODプレミアムに登録する

管理人
管理人
登録は2分ほどで完了します!

踊る大捜査線のあらすじ・感想まとめ

織田裕二主演の人気TVドラマ「踊る大捜査線」の劇場版第4弾。青島刑事が挑む最後の難事件をスリリングに描く。キャストには、これまでのシリーズに登場したキャラクターが再集結し、さらにSMAPの香取慎吾が新たに参加。監督は前3作に引き続き本広克行。
国際環境エネルギーサミット会場で誘拐事件が起こり、その後被害者が殺された状態で発見される。殺害に使われたのは、警察が押収した拳銃だった。捜査を担当することになった湾岸署だったが、青島(織田裕二)ら捜査員には情報がまったく開示されない方針が決定。そんな中、第2の殺人が起き、続く第3の事件では真下(ユースケ・サンタマリア)の息子が誘拐されてしまう。
引用元:FODプレミアム

次に視聴した人の感想をまとめてみました。ネタバレありの感想は隠しているので、タップしてご覧ください。

踊る大捜査線といえば、個人的には主役の織田裕二さんをそばで支えるワクさんこといかりや長介さんの演技、役どころ、作品内の存在感がとても魅力的に感じていました。私は、いかりや長介さんをコメディアンとして見てきた世代なんですが、俳優いかりや長介の存在を魅せられた作品になりました。
いかりや長介さんの演技や存在感が踊る捜査線という作品の深みを出していたのではないかと感じています。
もちろん、主役である織田裕二さんを始めとするそれぞれの俳優陣の唯一無二に感じる配役だと感じる作品ではありましたが、いかりや長介さんは特にそう思わせてくれる群を抜いた抜擢だったのではないかと感じていました。
作品自体もよくある警察ドラマとは違い、大規模でカッコいい作品であることが魅力的に映っていました。
敵視のように始まる織田裕二さんと柳葉敏郎さんのストーリーが進むにつれ、信頼を深めていくチームという在り方を見届けるのも楽しみでありました。
シリーズの始まりは、もう20年近く前の作品になってしまうのでしょうが今、改めて作品を見返しても当時タイムリーに観て楽しんでいた感情が色あせない作品だと感じます。
その後続く、シーズンもどの作品をとってみても同じく魅力のある作品ばかりです。

「踊る大捜査線」は、それまで堅苦しいイメージがあった刑事ドラマの概念を変えてしまった素晴らしい作品だと思います。
織田裕二さん演じる青島たち刑事が一生懸命に犯人を捕まえるのはもちろんですが、そこにコミカルな要素を詰め込んでいて、笑いあり、涙ありという感じで見所に溢れていると思います。
このドラマをきっかけにして、その後の刑事ドラマが変わっていったような感じがします。
また、本庁と所轄の格の違いなどを大胆に描いているのも、それまでにはない感じで斬新だと思いました。
そして、なんといっても出演者が豪華で、演技のクオリティーも高く完成度が高いと思います。
今思えば、織田裕二さんが熱血ぶりを発揮したのは、この作品で最後のような感じもして、レア感もあると思います。
その熱血ぶりが、まさに体当たりという感じがして、素晴らしいと思います。
共演者では、深津絵里さんが青島のよき理解者という感じで、息のあった感じを見せていて、コント的なシーンもばっちりだと思います。
また、いかりや長介さんが出演していて、癖の濃ゆい役がらを見事に演じているのも素晴らしいと思います。
いかりや長介さんは名言も多く残していて印象的だと思います。

「踊る大捜査線」の面白いところは、現場の刑事の青島役の織田裕二さんとキャリアの室井役の柳葉敏郎さんの立場を超えた心の繋がりが所々に顔を出し、通常は普通に現場で起こりそうな事件に対しての現場と本庁の対立など、警察組織の変な慣習のようなものが土台になっているストーリー展開です。
警察と一言で言っても、現場の管轄と呼ばれている警察署勤務の警察官と、本庁の警察官とが、まったく違う職業のように描かれているのが、見ていて面白いです。本当に警察の組織があんな風だったら、解決できる事件も解決できないんじゃあないかなと思います。
実際にそういうことがあるから、簡単な事件を解決するのに時間がかかったり、管轄が違うというだけで事件の捜査に加わらせてもらえなかったりということが起こっているのかなと、警察官に聞きたくなりました。
ドラマだからというわけではなく、実際に起こっていることが脚本の土台になっているのだと思うので、そういう警察組織に対しての嫌味的要素も十分含まれているドラマなのかなと、見ていて思いました。
主演の青島刑事に熱血さがうざすぎるけれど、そういう警察官でないと市民は守れないのではないのかなと思いました。警察トップの人に見てもらって、警察組織を改善するキッカケになったら良いと思うくらい素晴らしいドラマだと思います。

ネタバレありの感想①

刑事モノのターニングポイントになった作品です。「大捜査線」以降の刑事モノは、それぞれ度合いが変わってもこの作品群の影響を受けていると言って過言ではありません。あの「相棒」でさえそうです。
まず、コメディ要素とシリアス要素の融合です。これ以前にはこれを両立させるには「探偵」や「大富豪」などの要素が必要だったのが、「ショカツ」の日常業務を入れる事で充分すぎるコメディ要素が発生しました。
次にリアリティの追求です。「ショカツ」と「本部(警視庁の捜査一課)」の対比です(「はい、ショカツは下がって!」や「お前らショカツは弁当の準備でもやってろ!」)。またキャリアとノンキャリアを最初に定着させたドラマです。(「お前は上で頑張れ、俺は現場で頑張るからな」とか「室井さん、俺はアンタの指示に従う!」)あとは、ニックネームで呼び合わない!これは「太陽に吠えろ」からの脱却です。たしかにニックネームで呼び合ってる公務員なんて居ないし…小ネタとしては「カツ丼食うか?」ごっこのシーンがあります。リアルタイムで見てみんなで大爆笑しました。
名台詞としてはやはり「事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!」ですね。こういう台詞は登場人物全員がきちんと描かれて個性や感情を吹き込まれていないと生まれない言葉です。時系列の縦糸と日々の事件の横糸が見事に織り上げられた名作です。オマケに笑いの質も一級品です。(こうやって書いていてまた観たくなりました。)

ネタバレありの感想②

今のドラマや映画には何が足りないんだろう、と改めて考えたくなるような作品です。
キャストの豪華さはもちろんですが、伏線の張り方、話の組み立て方、キャラクターの作りこみなど、どこをとってもいい作品だなと思います。
主人公だけではなく、ほかのキャラクターも個性がきちんとあるから、スピンオフなど長く愛されていくのだと感じます。
いま改めて観ても、年代が違うので懐かしさを感じる部分は多々ありますが、かなり面白く、飽きずに観られる作品です。
映画はそれぞれに名台詞があり、このセリフって踊る大捜査線のだったっけ! と思う場面もあります。
どこでこのセリフ出てくるんだっけ、と思っていたらさらっと発されるので、愛される言葉というのは飾らず、無理せず生まれるのだと思います。
音楽の良さも踊る大捜査線シリーズでは欠かせない要素です。
テーマソングがかかると、これからどんなことが起きるのだろうという、ドキドキ感が沸き起こります。
事件が起こる前の平和な時の音楽や、事件が起きた時の緊迫した音楽など、物語を支える重要な要素として、音楽はかなりの部分を支えています。
何度観ても色あせない作品なので、まだ観たことがないという人も是非一度観てほしいです。

FODプレミアム公式サイト
2週間無料体験を試す

管理人
管理人
FODプレミアムで快適に無料視聴しましょう。

\登録は2分で完了!/