小平市平櫛田中彫刻美術館小平市平櫛田中彫刻美術館

音声ガイド

16鍾馗

鍾馗(しょうき)
1954(S29)年 木彫彩色 高58.0cm

音声解説を視聴

再生ボタン をクリックすると音声解説が視聴できます。

作品解説

中国・唐の玄宗(げんそう)皇帝は病気で寝ていた際、踊り跳ねる邪鬼を捉えて食べる人物の夢を見て病気が治り、そこで呉道子(ごどうし)という絵描きを呼んで描かせたのが鍾馗である。中国では正月、日本では端午の節句にこの画を掛ける慣習がある。
鍾馗に捕まってしまった邪鬼の必死な表情が、見る人にユーモラスな印象を与える。

 

« 一覧に戻る

小平市平櫛田中彫刻美術館

〒187-0045 東京都小平市学園西町1-7-5
Tel&Fax:042-341-0098

このサイトに含まれるすべての画像・文章の著作権は小平市平櫛田中彫刻美術館に帰属します。

COPYRIGHT (C) KODAIRA HIRAKUSHI DENCHU ART MUSEUM. all rights reserved.