小平市平櫛田中彫刻美術館小平市平櫛田中彫刻美術館

音声ガイド

27郭子儀

郭子儀(かくしぎ)
昭和34年 木彫彩色 高29.0cm

音声解説を視聴

再生ボタン をクリックすると音声解説が視聴できます。

作品解説

郭子儀(かくしぎ)は中国唐代の武将で、汾陽(ふんよう)という地を治めたことから、郭汾陽とも呼ばれた。郭子儀はたくさんの子供と孫がいたことから、「長寿」「子孫繁栄」を象徴する存在となっている。江戸時代の画家・円山応挙(まるやま・おうきょ)によって描かれるなど、古くから日本人に好まれたテーマであった。

 

« 一覧に戻る

小平市平櫛田中彫刻美術館

〒187-0045 東京都小平市学園西町1-7-5
Tel&Fax:042-341-0098

このサイトに含まれるすべての画像・文章の著作権は小平市平櫛田中彫刻美術館に帰属します。

COPYRIGHT (C) KODAIRA HIRAKUSHI DENCHU ART MUSEUM. all rights reserved.