小平市平櫛田中彫刻美術館小平市平櫛田中彫刻美術館

音声ガイド

11★気楽坊

気楽坊(きらくぼう)
1961(S36)年 木彫 高19.5cm

江戸時代の指人形が参考にされている。田中は恰好や彩色に様々な変化を加えて数多く制作した。

音声解説を視聴

再生ボタン をクリックすると音声解説が視聴できます。

作品解説

二代将軍徳川秀忠の横暴に不満を抱いていた後水尾(ごみずのお)天皇は「世の中は気楽に暮らせ何事も 思えば思う 思わねばこそ」という歌を作り、「気楽坊」と名付けた指人形を作らせてやるせない日々の暮らしを慰めたと伝えられる。本作はその指人形をヒントにして作られた。

関連画像

  • 様々な「気楽坊」

    様々な「気楽坊」

 

« 一覧に戻る

小平市平櫛田中彫刻美術館

〒187-0045 東京都小平市学園西町1-7-5
Tel&Fax:042-341-0098

このサイトに含まれるすべての画像・文章の著作権は小平市平櫛田中彫刻美術館に帰属します。

COPYRIGHT (C) KODAIRA HIRAKUSHI DENCHU ART MUSEUM. all rights reserved.