小平市平櫛田中彫刻美術館小平市平櫛田中彫刻美術館

収蔵作品

玉錦

玉錦
玉錦(たまにしき)
1932(S7)
年 ブロンズ 高39.0cm

体は小さかったが猛稽古で横綱に昇進し、名横綱・双葉山の登場まで相撲界を盛り上げた。現役中に小部屋であった二所ノ関部屋を大きく発展させたが、昭和13年に巡業先で惜しくも死去した。
作品は、相撲博物館蔵の木彫「国技」と同じ石膏の原型から制作されたものである。お腹のたるみの感じや、力の漲(みなぎ)った両足の肉感の表現が見事で、立会い前の緊張感が伝わってくる。

小平市平櫛田中彫刻美術館

〒187-0045 東京都小平市学園西町1-7-5
Tel&Fax:042-341-0098

このサイトに含まれるすべての画像・文章の著作権は小平市平櫛田中彫刻美術館に帰属します。

COPYRIGHT (C) KODAIRA HIRAKUSHI DENCHU ART MUSEUM. all rights reserved.