小平市平櫛田中彫刻美術館小平市平櫛田中彫刻美術館

収蔵作品

夜半翁

夜半翁

夜半翁(やはんおう)
制昨年不詳 木彫 高25.5cm

江戸時代中期の名高い俳人で、文人画家としても知られる与謝蕪村(よさぶそん)である。摂津国(せっつのくに)(現大阪府)に生まれ、享保(きょうほう)年間頃、単身江戸へ下り、江戸の俳人夜半亭宋阿(そうあ)の内弟子となった。宋阿の死後、俗化した江戸俳壇をきらって放浪の旅に出たが、後、京都で俳諧師として夜半亭二世を継承した。
この作品の胎内(たいない)には「倣月渓(げつけいにならう)」とあり、これが月渓、つまり呉春(ごしゅん)の画像にならって作られたことがわかる。着衣部分の大づかみな表現と、ざっくりとした運刀がさわやかな感興を抱かせる。

小平市平櫛田中彫刻美術館

〒187-0045 東京都小平市学園西町1-7-5
Tel&Fax:042-341-0098

このサイトに含まれるすべての画像・文章の著作権は小平市平櫛田中彫刻美術館に帰属します。

COPYRIGHT (C) KODAIRA HIRAKUSHI DENCHU ART MUSEUM. all rights reserved.