小平市平櫛田中彫刻美術館小平市平櫛田中彫刻美術館

平櫛田中について

平櫛田中は、明治5年、現在の岡山県井原市に生まれ、青年期に大阪の人形師・中谷省古のもとで彫刻修業をしたのち、上京して高村光雲の門下生となりました。その後、美術界の指導者・岡倉天心や臨済宗の高僧・西山禾山の影響を受け、仏教説話や中国の故事などを題材にした精神性の強い作品を制作します。

大正期には、モデルを使用した塑造の研究に励み、その成果を代表作《転生》《烏有先生》などにおいて示しますが、昭和初期以降は、彩色の使用を試み、「伝統」と「近代」の間に表現の可能性を求めました。昭和33年に22年の歳月をかけて完成した国立劇場の《鏡獅子》に田中芸術の集大成を見ることができます。昭和37年には、彫刻界でのこうした功績が認められ、文化勲章を受章しました。

昭和45年、長年住み暮した東京都台東区から小平市に転居し、昭和54年に107歳で亡くなるまでの約10年間を過ごしました。

制作中の田中

1872(明治 5 )年
岡山県井原市に生まれる。本名、倬太郎。
1882(明治15)年
平櫛家の養子となる。
1893(明治26)年
大阪の人形師・中谷省古に弟子入りし、木彫の手ほどきを受ける。
1898(明治31)年
上京し、台東区の長安寺に寄宿。西山禾山の臨済録の提唱を聞き、影響を受ける。
1901(明治34)年
日本美術協会美術展に《唱歌君ヶ代》を出品、銀牌を受賞。
1907(明治40)年
文部省美術展覧会(文展)第1回展に《姉ごころ》を出品、入選。
1908(明治41)年
日本彫刻会第1回展に《活人箭》を出品。岡倉天心の推奨を受ける。
1914(大正 3 )年
再興第1回院展に西山禾山をモデルとした《禾山笑》等を出品、会期半ばに同人に推挙される。
1922(大正11)年
日本画家の横山大観、下村観山、木村武山の尽力で台東区上野桜木町に住宅を建てる。
1930(昭和 5 )年
日本美術院の経営者に加わる。第17回再興院展に《五浦釣人》を出品。
1937(昭和12)年
帝国芸術院会員となる。
1944(昭和19)年
東京美術学校(現・東京芸術大学)教授となる。
1958(昭和33)年
昭和11年の制作開始から22年の歳月をかけて《鏡獅子》を完成させる。
1962(昭和37)年
文化勲章を受章。
1970(昭和45)年
東京都小平市学園西町に転居。
1972(昭和47)年
小平市名誉市民に推戴される。
1979(昭和54)年
12月30日小平市の自宅にて永眠。享年107歳。

小平市平櫛田中彫刻美術館

〒187-0045 東京都小平市学園西町1-7-5
Tel&Fax:042-341-0098

このサイトに含まれるすべての画像・文章の著作権は小平市平櫛田中彫刻美術館に帰属します。

COPYRIGHT (C) KODAIRA HIRAKUSHI DENCHU ART MUSEUM. all rights reserved.